【成分比較】アサイーとブルーベリーでは決定的に含有量が違い!

 

アサイーとブルーベリーって一体何が違うの?
見た目が似ているためよく同じような物と認識している人が多いです。

 

という私もアサイーを知らないときは、アサイーもブルーベリーもピーマンと赤ピーマンぐらいの違いしかないだとうと思っていました。

 

調べてみると、まったく違う科のフルーツでした。
アサイーはヤシ科でしたが、ブルーベリーはツツジ科だったんです!(笑)

 

また、味にもかなり違いがあって、アサイーは味がしないのでまずいという人もいますが、ブルーベリーは、甘酸っぱい感じがしますよね。

 

ですが、アサイーとブルーベリーの決定的な違いは含まれている含有量の差です。


アサイーとブルーベリーで含有量が違い過ぎる

アサイーとブルーベリーでは含有量が違い過ぎます。
アサイーの方が「ポリフェノール」と「アントシアニン」の含有量が多いです。

 

ブルーベリーの代名詞とも言えるアントシアニンの含有量がアサイーの方が多いんです。
どちらが優れている果物っていうわけではありません。

 

ですが、肌荒れの原因である活性酸素を除去すると言われている抗酸化作用を持つ成分ではあるので、美容目的ならアサイーの方がいいのではないかな?と思います。

 

 

 

アサイーとブルーベリーではどのくらい違いがあるのでしょうか?

 

例えば、ポルフェノールの場合は、ブルーベリーは、100g当たり250mgですが、アサイーは、100g当たり4,500mgで18倍も含有量が違うんです。

 

また、アントシアニンもアサイーの方が5倍も含有量が多いんです。

 

だから、ポリフェノールとアントシアニンに焦点を当てるとアサイーの方が優秀だと言えると思います。

 

アサイーは他の成分もかなり豊富

 

アサイーがスーパーフルーツと呼ばれているのは、ポリフェノールとアントシアニンが多いからだけではありません。

 

食物繊維や鉄分、カルシウムやマグネシウムも豊富に含まれています。
そのため、美容だけでなく、便秘や貧血を改善するためのサポートとして普段から摂取している人も多いです。

 

ここまで、アサイーの方が優秀でブルーベリーなんて摂る必要がないと思ってしまいますが、値段や手に入りやすさで言えばブルーベリーの方に分があります。

 

だから、経済的に負担はあるけど、ポリフェノールやアントシアニンを取りたいならブルーベリーです。

 

どちらがいいのかな?と純粋な疑問であるなら当サイトでは、断然アサイーの方が含有量が多いのでおすすめです。