アサイーに含まれるルテインが眼の酸化や遮光する働きがある!

 

 

 

 


アサイーには、ルテインという成分が含まれています。
このルテインは、カロチノイドの一種で抗酸化作用持つ黄色の天然色素です。

 

このルテインという成分は、一般的には眼に良いといわれています。
そのルテインの働きについて紹介します。

 

ルテインの役割は、「眼の網膜と水晶体の酸化を抑える事」と「有害な光から眼球を守る事」です。
この2つの働きがあるからルテインは、眼に良いといわれていて眼に関するサプリメントによく一緒に配合されている事が多いです。

眼の網膜と水晶体の酸化を抑える

眼は加齢とともにどんどん衰えてくるものです。
衰えてしまう主な原因が活性酸素にあります。

 

この活性酸素は、紫外線を浴びたり可視光線が原因で発生します。
活性酸素が発生すると、細胞をサビさせ細胞の働きを悪くしてしまうのです。

 

それが結果的に白内障や加齢黄斑変性症になってしまう事があります。
ルテインを取れば全て解決するなんていう甘いものではないので勘違いをしてはいけません。

 

しかし、ルテインを摂取して体内に吸収されるとそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積される。

 

ルテインには、抗酸化作用があるため活性酸素を除去するので眼の網膜や水晶体の酸化を抑えてくる作用があると言われています。

有害な光から眼球を守る

ルテインには、活性酸素を抑える働きのほかに、遮光の働きがあります。
眼に日焼け止めを塗る事は出来ませんが、ルテインを取る事である程度は、遮断する事が出来ます。

 

ブルーライトの遮光の働きがあって、テレビやスマホからも出ているので、眼のダメージは大きくなっています。

 

私は、眼が疲れやすいのでブルーライトをカットする事が出来るシートを張っています。
ブルーライトをカットする眼鏡もあるので、眼が疲れやすい人はルテインを摂取するよりもブルーライト眼鏡の方がいいかもしれません。

ルテインをアサイーで取る必要はあるのか?

アサイーが注目されているのは、ルテインの含有量ではありません。
アントシアニンという抗酸化力強いフィトケミカルの含有量がブルーベリーの約5倍含まれているから注目されています。

 

ルテインを目的にアサイーを摂取する必要はないのでは?と思います。
ルテインの1日の摂取量は、約6mgです。

 

ほうれん草の約3分の1を取るだけで1日分を取る事が出来ます。

 

ちょっと目の疲れや眼がしょぼしょぼするようであれば、ルテインだけでなくアントシアニンとルテインの両方を取る事が大切です。

 

その両方を摂取できるのがアサイーです。
しかし、眼精疲労や飛蚊症、眼疲れの人はサプリだけに頼るのはよくありません。

 

サプリはあくまでもサポートするものだという事を考えて、過度な期待をするのは止めましょう。