アサイーに含まれるオメガ3脂肪酸の働きとチアシードと一緒に摂るのがベスト?

アサイーに含まれるオメガ3脂肪酸の働きとチアシードと一緒に摂るのがベスト?

 

アサイーには、αリノレン酸が含まれており、それがオメガ3脂肪酸です。
そのオメガ3脂肪酸を取る事でどういったメリットがあるのでしょうか?

 

オメガ3脂肪酸についての一般的な知識を紹介します。
アサイーの働きではないので勘違いしないでください。

 

 


オメガ3脂肪酸の働きとは?

オメガ3脂肪酸は、αリノレン酸だけでなく青魚に含まれているDHA・EPAもオメガ3脂肪酸です。

 

アサイーだけでなくチアシードや亜麻仁油に含まれています。最近、注目のオメガ3脂肪酸の働きは、色々とあります。

 

まず、オメガ3脂肪酸だけ取ればいいとう物ではありません。
オメガ3とオメガ6のバランスがうまく取る事がとても大切なんですね。

 

今の私達の食生活では、オメガ6を取り過ぎていてオメガ3が不足している状態の人がほとんどだという事です。

 

今現在の流れは、オメガ6を抑えてオメガ3を取る事が重要だと言われています。

オメガ3脂肪酸の具体的な働きとは?

悪玉コレステロール値を下げる

 

悪玉コレステロール値を下げる働きがあると言われています。
それに加えて、善玉コレステロール値も上げる作用もあります。

 

オメガ3脂肪酸を取ればコレステロール値は改善出来るという事でないにしろ改善するためには出来るだけ取った方がいいという事です。

 

血流の流れが良くなる

 

EPAは、血液をサラサラにする作用や血管を拡張する作用があります。

 

視力・眼精疲労の回復

 

DHAには、網膜の機能を改善する作用があります。具体的には、網膜や視神経の細胞膜を柔らかくする作用があ、情報を脳に伝達してしっかりと認識させてくれます。

 

また、血流がよくなるので、酸素や栄養が十分に行き渡るので、細胞や組織が活性化して眼疲れの改善に期待が出来るという事です。

オメガ3脂肪酸を目的にアサイーを取るのは微妙

オメガ3脂肪酸について軽く紹介しました。
アサイーには、オメガ3脂肪酸であるαリノレン酸が含まれていますが、これがDHAやEPAに体内酵素によって変換はされますが、その割合は2%〜10%程です。

 

そのため、オメガ3脂肪酸を目的にしているならアサイーで取るのは微妙といえるでしょう。
わざわざ、アサイーを取る必要はなくDHAやEPAのサプリメントを取った方がいいでしょう。

 

アサイーを取るならポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化作用のある成分が豊富に含まれているので、美容にもいいわけですね。

 

だから、アサイーを取るなら抗酸化作用のある成分をとりたいという人でしょう。