アサイーには血液をサラサラにするオレイン酸が含まれている

オレイン酸とは?

 

オレイン酸ってあまり聞きなれない人の方が多いと思います。
オレイン酸は、不飽和脂肪酸で酸化がしにくい単価不飽和脂肪酸です。

 

何を言っているのかよく分からないと思います。
簡単にいうと、酸化がしにくく身体に良い作用を持っている油です。


オレイン酸の効果とは?


オレイン酸は、生活習慣病などの病気を抑制・改善する働きがあります。

 

血中コレステロールを減らす
生活習慣病を予防する
便秘を解消する

 

血中コレステロール値を下げる

オレイン酸は、不飽和脂肪酸です。
脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあって、飽和脂肪酸を大量に摂取すると、肥満や病気の原因になる中性脂肪やコレステロール値を増加させてしまいます。

 

しかし、不飽和脂肪酸は、善玉コレステロールを減らさずに悪玉コレステロールを減少させます。

 

生活習慣病の予防

 

悪玉コレステロールが増えると高血圧や動脈硬化などのリスクが高くなります。

 

オレイン酸は、それを減少させるので生活習慣病の予防になります。

 

便秘を解消する

 

オレイン酸は、腸管では吸収されにくいです。
腸の動きを活発化させる性質があるので便秘が改善する期待が出来ます。

 

アサイーには、オレイン酸の他にリノレン酸という脂肪酸を含んでいます。
これもホルモンバランスをと問えて、ストレスに対抗する作用があります。

 

そのため、ニキビや肌荒れの原因を解消する事ができて、炎症を防ぐことが出来ます。

 

アサイーを摂取するならサプリやジュースがありますが、当サイトではアサイースムージーをおすすめしています。

 

オレイン酸の効果とは?

オレイン酸は、生活習慣病などの病気を抑制・改善する働きがあります。

 

血中コレステロールを減らす
生活習慣病を予防する
便秘を解消する
血中コレステロール値を下げる

 

オレイン酸は、不飽和脂肪酸です。
脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあって、飽和脂肪酸を大量に摂取すると、肥満や病気の原因になる中性脂肪やコレステロール値を増加させてしまいます。

 

しかし、不飽和脂肪酸は、善玉コレステロールを減らさずに悪玉コレステロールを減少させます。

 

生活習慣病の予防

 

悪玉コレステロールが増えると高血圧や動脈硬化などのリスクが高くなります。

 

オレイン酸は、それを減少させるので生活習慣病の予防になります。

 

便秘を解消する

 

オレイン酸は、腸管では吸収されにくいです。
腸の動きを活発化させる性質があるので便秘が改善する期待が出来ます。

 

アサイーには、オレイン酸の他にリノレン酸という脂肪酸を含んでいます。
これもホルモンバランスをと問えて、ストレスに対抗する作用があります。

 

そのため、ニキビや肌荒れの原因を解消する事ができて、炎症を防ぐことが出来ます。

 

アサイーを摂取するならサプリやジュースがありますが、当サイトではアサイースムージーをおすすめしています。